風俗でフェチプレイ

ソフトM男プレイは自身がどこまでMか?を調べる場

よく飲み会の席や、コンパの席、兎にも角にも、おしゃべりのネタとして「Mなのか?Sなのか?」という話題で盛り上がることがよくあると思います。

 

ただ、私が思うに、本物のMや本物のSという人間は少ないと思います。

 

何が言いたいかというと、「どちらかというとM」などのように、一般的なSとMは、気分や相手によってSにもMにもなるということです。

 

そして、その中でどっちの方が好きかな?と考えたときに「どちらかというと○○」と、いう回答になるわけです。

 

ということで、気分的に「M」になってソフトにいじめられたい、責められたいと思った方のための風俗遊びが「ソフトM男プレイ」というイメージプレイというわけです。

 

根強い人気を誇る遊び方なので、世にはMプレイに興味がある方が大勢いると言うこと証明しているのかもしれませんね。

 

ということで、SMに興味があるという人は五反田の風俗にでも行ってください(笑)

 

 

◆やはり本格的なM遊びは敷居が高い
要はドMと呼ばれるフェチズムを持った方が遊ぶ方法が「気分的にMで遊びたいな」と思っているようなソフトな方はなかなか難しいものがあるわけです。

 

なので、このようなソフトにMを楽しめるようなニーズに応えた形になります。

 

ただ、イメージヘルスで遊ぶような「ソフトM」とM性感で遊ぶような「ソフトM」は同じソフトMでも、後者の方がハードなM遊びになるので注意をしましょう。

 

具体的には、後者は基本サービスとして「じらし」「寸止め」を始めアナル責めもあるので、こういったところまではいかなと思った方は、前者のイメージヘルスでのMプレイをお勧めします。

 

 

◆自分の趣味趣向を調べる場でもある
正直、自分が何処までMなのか?というのは分からないというのが正直なところだと思います。

 

現に私はドMだと思っていたのですが先に書いたよなM性感の責めは、イライラしてしまい性に合わなかったです。

 

ですので、単純に女性主体でマグロになりたかっただけなんだと強く理解しました。

 

なので、Mかな?と思っている方は、徐々にMプレイのレベルを上げて自身の性癖を探すのも、風俗遊びの醍醐味化もしれません。

 

いきなりSMは不安という場合は、M性感がいいということですが、そういうときは五反田よりも新宿の風俗がオススメかもしれません。

 

 

◆スイッチが入るとソフトMで物足りない!?
さて、イメージヘルスでのソフトMプレイというのは、本当にソフトです。

 

基本的には男性客側が受け身になって、風俗嬢がちょっとした言葉責めやジラシをするだけでありますので、本当にM気質な方は「物足りない」と思うかもしれません。

 

さらに、スイッチが入ってしまい「もっと苛めて欲しい」と思った時には、最早、イメージヘルスのプレイでは物足りなくなってしまう可能性が大です。